1、サクランボシャーベット


作り方
軸のついたサクランボをそのまま洗う
水を切り、表面についた水滴をきれいにふく
フリーザーバックに適当に詰め冷凍庫に入れ凍らせるーー完成
適当な時期に食べる分だけ取り出して食べる


サクサクのシャーベット風サクランボの完成です。
一風変わったデザートとして我が家では大変好評です。






2、チェリー酒


材料
 サクランボ  1Kg(500g入り2パック)
 ホワイトリカー  1,8L (1升)
 砂糖(氷砂糖のほうがよい)  400g
 レモン  4個


作り方
サクランボをよく洗い、水気を切り、フキン等でよく水分をとる。
皮を破かないよう、注意をして軸をとる。
密封ビンにサクランボと、砂糖と、皮をむいて半分にしたレモンを入れ、ホワイトリカーを注ぐ。
涼しい貯蔵場所で2カ月くらいおくと、少し赤みを帯びたきれいなチェリー酒 ができる。
サクランボを取り出し、ガーゼ等で濁りをこして保管する。




3、サクランボケーキ



チェリー酒から取り出したサクランボをケーキ作りの材料にすると、大変美味しい ケーキが出来ます。

  

材料(バウンド型1個分)
 小麦粉 150g
ベーキングパウダー 少々
砂糖 120g
卵(大) 3個
バター 120g
シナモンパウダー 大さじ 1
ナツメグ 小さじ2分の1
ナッツ 大さじ2
チェリー酒 2分の1カップ
アプリコットジャム 大さじ4
チェリー酒から出したサクランボを刻んだもの 2分の1〜3分の2
カップ


作り方
1 ボールにバターをいれ、泡だて器で白っぽくなるまで練り上げます。
砂糖を徐々に加え、さらに卵1個、卵黄2個を少しずつ混ぜていきます。
2 サクランボの実を刻み、チェリー酒を加え、弱火で5〜6分煮た上で冷して
おきます。
3 これにシナモンパウダー、ナツメグを入れます。
そしてよくふるっておいた小麦粉とベーキングパウダーに(1)で使った残りの 卵白2個を泡立て、3回くらいに交互に混ぜ合わせます。
4 パウンド型に紙を敷き、(3)のたねを流しいれ、150〜160度の天火で40分 焼きます。
5 焼き上がったら、型からだし、冷やしてゆるめたアプリコットジャムを塗って
出来上がりです。





4、サクランボのタルト



材料
冷凍パイシート 1枚
サクランボ 300g
キルシュ 少々
牛乳 80cc
グラニュー糖 20g
薄力粉 大さじ2分の1
コーンスターチ 大さじ1
卵黄 1個分


作り方
1 パイシートを冷蔵庫で解凍し、パイ皿の大きさに引き伸ばして敷く。
周りの余分な生地を切り落とし、フォークで全体に空気穴をあけて 冷蔵庫に入れておく。
2 サクランボは軸と種を除いておく。
3 耐熱ボールに振るった粉類、グラニュー糖を入れ、牛乳を加えて泡だて器 で混ぜる。ラップをしないで、500Wの電子レンジで1分30秒加熱する。
4 電子レンジから取り出したクリームを手早く混ぜ、なめらかになったら 卵黄を加えてさらに混ぜる。再び500Wの電子レンジで30秒加熱して 熱いうちに混ぜ、とろりとしたクリーム状にする。
5 用意したパイ皿にクリームを入れ平らにならす。その上にサクランボを 並べ、キルシュをふりかける。そして200℃のオーブンで約30分、パイに 焼き色がつくまで焼く。  これで完成。





5、チェリーコンポート



材料(250cc入りのビン2個分)
チェリー 500g
250cc
グラニュー糖 120g
レモン汁 小さじ1
サクランボのリキュール
(キルシュ酒)など
大さじ1


作り方
サクランボの軸と種を取っておく。(包丁で縦に切れ目を入れて種を出す)
鍋に水と砂糖を入れて火にかける。沸騰して砂糖が溶けたら、サクランボ とレモン汁を加え、アクを取りながら中火で10分煮る。
火からおろしてリキュールを加える。熱いうちに、網じゃくしなどでサクランボ を取り出して、ビンに詰め、鍋のシロップをビンの肩まで注ぐ。
しっかりふたを閉め、逆さまにして冷めるまでおき、密封する。  
これで完成。  冷蔵庫で保管


生の歯ざわりを残す程度に火に入れるのがポイントです。
甘味と少量のお酒を加えることで風味が上がります。お菓子作りにも幅広く 活用できます。ふたを開けなければ、半年位もちますが、一度ふたを開けたら 1週間以内に食べ切ってください。
黒いサクランボで作る場合は、レッドグローリーまたはサミットという種類が 適しています。